読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皆のトコから10センチ弱。

ママと会社員の擬態をして8年

女子トークに求めるもの

女子トークっていう奴がある。

 

それは本当に小さい、幼稚園・保育園の時代からはじまる習慣だ。女の子同士あつまって、おしゃべりに花を咲かせる。

 

私も女子トークは好きだ。多分。

 

上手くいったときなんて、ものすごくスッキリするものね。ストレス発散に、保健師さんから勧められるくらいだもん、親子サークルとか。得意だったら本当に楽しいだろうなあ、と思う。

 

でもなんか多分、上手くできなようなのだ。

----

 

私はどちらかといえば、社会常識などに興味がない。あと、オチもなにもない愚痴とかは、どうやってもつまんなくてきくことができない。完全に目がうつろになってしまう。

 

で、私が関心を持つようなことに、他者はあまり興味を持たない。

 

ダイソーとか工作とか、水曜どうでしょうとか。excelの使い方とか。家での、子どもに対する合理的工夫とか。

 

(うん、並べたら個人的すぎて、確かに相手に求めるのは酷なトピックスばかりだな)

 

お互いのベクトルが全くすり合わないので、話していてもメリットがない。

 ----

 

なんだか私は、女子トークが上手くいって楽しかった思い出が、けっこうあるのかもしれない。疲れるの分かってて、トライし続ける傾向があるようなのだ。

 

でもなあ。。。どうなのかな。

 

情報を交換しあってるってこともさほどないし、総合的に見たら たのしさ〈 疲れ っていう気が、かなりするんだけど。

 

それだったら、ネットだけで後腐れなく、リアルではあまり女子トークを嗜まないほうがいいのかもわからない。

 

とはいえ

 

女子トークの基礎だけは、なんとか身につけてきたと思う。これは良いニュースだ。

 

これで楽になることは、けっこうあるんんだよな。