読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

皆のトコから10センチ弱。

ママと会社員の擬態をして8年

【凹凸ライフハック】タイマー、もしくはガラケーを首から下げる

長男は時間がわかる。

今が何時かわかるし、「何時までに帰るってことは、あと何分」っていうのもちゃんと理解している。理解してるけど、無視するのだ。

いや、無視は語弊があるな…

わかってるけど即・忘れる。目の前の楽しいことに気を取られる。ってことですね。

■事情

長男は、夕方に近くの公園へ遊びにいく。もしくは、友達の家へ出かける。

もちろん帰ってくる時間は約束している。でもほとんど帰ってこない。帰ってきたときは、「気づかなかったんだよ!」と堂々と言う。私の堪忍袋は切れまくる。

…私は心配なのである。

だまされて連れていかれるとかありそうな子だし、お出かけ先のお宅に迷惑をかけたくないのだ。また、私も怒りたくない。とりあえず自分で帰ってきてほしい。

■キッズケータイの導入を検討するも

…どうやっても無くしそうだ。
だめだ、無くしても諦められる価格でなければ、持たせる勇気が持てない。

■ストラップがつけられるタイマーを買った

そこで、時間を知らせるためのタイマーを買った。サイズが小さく、壊れにくく、バイブ機能もあるものだ。ストラップをつけられるので、公園にも持たせられる。自分で時間を見ることもできる。

兄弟ふたりぶん買った。白と黒。

タニタ バイブレーションタイマー24時間計 クイック ブラック TD-370N-BK

タニタ バイブレーションタイマー24時間計 クイック ブラック TD-370N-BK

 

思ったより良い。キッズケータイっぽいので、長男の所有欲を割と満たすみたい。たのしそうに日々つけて出かけて行っている。前よりは早く帰ってくるようになった。

 コツは首掛けじゃなく、肩掛け(腕を通して下げる)状態にすること。すこし安全になると思う。近所では、そういう風にキッズケータイを下げる子供たちをよく見かけるので。

私も買った、ストラップを

「いいな、首から下がってると」

私もいろいろとアヤシいので、ちょっとうらやましくなり。自分用のタイマー…じゃなく、ストラップを買った。”ドレスアップ”と名の付く、ちょっとおしゃれなやつを。

item.rakuten.co.jp

ガラケーと家のカギをつけている。最初はぶらぶら裸でつけていたんだが、ガラケーが尋常でなく傷つくので、手持ちのiphoneケースを使うことにした。iphonewifiしか使えず、外ではPCがわりにすぎないのでバッグの中へ。

 f:id:mama_jirocho:20161015132326j:image